行政書士の月収っていかにぐらいなのかというと、平均で約50万円です。 かなり高い月収だと感じますよね? しかし、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)というのは、稼いでる人とそうでない人の差が激しいんです。 全く稼げていないと言う人もたくさんいて、年収100万未満という人もざらにいるかもしれませんね。 行政書士として働く傍らで、生活のためにアルバイトをしている人も多いでしょう。 また、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)として独立し、開業したら、最初の間と言うのは仕事があまりなく、収入もありません。 そのため、収入から経費などを差し引いたら全然残らないとか、残らないどころかマイナスになったならねいう人も多いです。 しかし、仕事が軌道に乗り、年々仕事量が増えていくと、年収が1000万円を越す事もあります。 このように、行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)の月収は、初めの頃は厳しいですが、長くやっていると、月収もそこそこ上がってきます。 収入を増やすためには、まず仕事を増やすことです。 中には、少しでも仕事を増やすために、行政書士だけでなく、他の資格を取得する人もいるでしょうー